Return to site

徒然なるままに

徒然なるままに。

なんて、暇を持て余しているどころか日々せわしなく動き回っている。

現実には時間はバタバタと過ぎて行くのだけど、

実は私の頭の中にはもう一つ別の時間の流れる空間があって、

そこには異種独特な大きな波のような動きの時間の流れがある。

 

様々なアイディアやスケッチなどが自然の中、空中に浮遊していて、渦を巻いたり、弾けたり、消えたり、出現したりしてる。

 

それは決して激しいものでも難しいものでも大げさなものでもなく、

ちょっとスローモーションのような動きをしていて、少し退屈でひねくれた、やさぐれた雰囲気。

でも何故かわからないけど、居心地の良い落ち着く空間なのです。

徒然なるままに、と言う言葉がしっくりくるような。

そこには人はいない。

人のすることには必ず理由があるでしょう。いいことも悪いことも。

それらは、ここには必要ない。

思い起こせば、小学1年生の頃から、自分の中にその空間は存在していて、

一人遊びやお絵描きが何より好きな子供だった。

でも、そこに居座り続けると、脳みそが疲労をしているのを感じてくるので

また現実の時間の流れに戻るんです。

あ、現実逃避や、夢見る夢子ちゃんじゃありませんよ、笑。

明るくていつも歌を歌っているような子供でしたから。

そっちの空間にいる自分が日々作品を作ってるわけですが、

近頃思ってることと言えば、

ここから先に繋げるために、不滅の作品を残しておこう。

そのために熟考し、素材や仕上がりに拘っていきたい。と思っている。

毎日新しい一日がやってくる。

昨日の続きの今日だけど、そう、未知な世界だ。

そんなステージを用意されてるんだから、その新鮮な今に応えて新しい表現をしていこう。

その空間の私は、のんびりそんなことを想っている。

隣にはいつも君がいる。

世間は世知辛い、忙しない、食うために、認めてもらいたいために

様々に他人と関わり合う。

必死な人間ばかりだ。

 

 

でもそのもう一つの空間のおかげで私は楽しく生きていけている。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly